今すぐお金借りたい!信頼できるキャッシングサービス一覧

今すぐお金借りたい

「ヤバイ!今日どうしてもお金が足りないから今すぐお金借りたい!」

 

っていうピンチの時ってありますよね。そういう時には今日中に貸してくれる即日キャッシングを利用するのがいいですよ。

 

中には怖い闇金などもあるので注意しなければいけませんが、このサイトで紹介するところは即日キャッシングに対応していて、安心できる大手のカードローンのみです。

 

慣れていない方はその中から選ぶのが安心だと思います。

 

初めて借りる方は30日間の無利息期間が付いているところもありますので、給料が出たらその間に返済してしまえば利息もかかりません。

 

また50万円までの借入であれば収入証明が要らないところもあります。そういう所を選べば、提出書類は免許証だけになります。ネット上からの申し込みで素早く審査してくれます。

 

審査に通ったら無人契約機に行き、カードを発行してもらい、近くのATMで引き出せます。

 

また対応する銀行の口座があれば、無人契約機に行かなくても、その口座に24時間365日振り込みしてもらうことができるので、楽に利用できます。無人契約機に入るところを見られてバレる心配もないですね。

 

それでは安心できる大手の即日キャッシングを紹介します。

 

アコムの特徴

土日祝日でも審査に対応してくれます。審査は最短30分で終わり、融資までは最短60分という驚異のスピード。

50万円までの借入であれば基本的に収入証明は必要ありません。

初めてアコムを利用する人は30日間無利息で借りられるので、その間に返済すればかなりお得に借りることができます。

楽天銀行の口座があれば、無人契約機でカードを発行してもらわなくても、24時間365日振込してもらえます。

審査さえ通っておけば即日で借りられるので、今すぐお金借りたい場合にはすぐに審査の申し込みをすることが大切です。

価格 3.0%-18.0%
備考 800万円
評価 評価5
プロミスの特徴

プロミスも土日祝日でも審査に対応してくれます。最短30分で審査が完了し、最短60分で融資まで完了します。

50万円までの融資であれば基本収入証明書は必要ありません。

初めてプロミスで借入する人は、借りた日の次の日を1日目として30日まで無利息で借りることが可能です。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

カードレスにも対応しているのでバレにくくなっています。(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます)

ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座があれば、365日24時間振込に対応している瞬フリサービスが利用できます。

今すぐお金借りたい場合には、審査の申し込みをすぐしておく必要があります。

価格 4.5%-17.8%
備考 500万円
評価 評価5
SMBCモビットの特徴

平日の14:50までに振込依頼をすれば、即日融資をしてもらえます。そのためには14:50までに契約までを完了しておく必要があります。2時間くらいは余裕をみて審査の申し込みをしましょう。(審査の結果によっては不可の場合もあります)

WEB完結申し込みを利用すれば入力項目が少ないので早く済みますし、職場への電話連絡が無しになります。職場にバレたくない方にはお勧めです。

多くの銀行と提携しているので、利用しやすくなっています。

価格 3.0%-18.0%
備考 800万円
評価 評価4

 

 

総量規制後のキャッシング審査って借入額だけでなく借入件数も重要?

借入件数

キャッシングする時に必ずといって聞かれるものに、他社の借り入れ件数があります。

 

他で借り入れている件数を本当に正直に書いた方がいいのか、それとも減らして書いた方がいいのか悩みませんか。キャッシングの審査で借入件数はどのようにしたらいいのでしょうか。

 

キャッシング審査の借入件数は3件まで

キャッシングの審査の借入件数は条件として3件目までだと審査に通る可能性があるといわれています。(もちろん例外などあるので、これ以上でも通る可能性はあります。)

 

理由として消費者金融の多くが「総量規制の3分の1」をボーダーにして、初回の融資金額を決定していることが挙げられます。3件目でこの総量規制に丁度達するような金額に上限を設けている場合が多いためです。

 

ただし、クレジットカードのリボ払いは借金と同じくくりに当たるのですが、借入総額に入れなくていいという消費者金融もあります。こうした動きは消費者金融も出来るだけ、多くの人に利用してほしいという思いから来ているようです。

 

キャッシング審査で嘘は禁物!審査落ちの原因に…

借入件数を嘘の件数を書いた場合どうなるのか気になりますよね。実は審査の段階で基本的な件数はわかるようになっています。

 

嘘の件数を書いてしまうと、この人は虚無の記載をしている信用のできない人だと判断され、審査が通らなくなってしまうこともあります。その為、審査に記載する内容には決して嘘の記載はしないようにしてくださいね。

 

キャッシングの審査には信用が大切です。嘘の記載で審査落ちだけは避けるようにしてくださいね。どうしても借入件数が心配な場合は、相談するのをおすすめします。

 

国や市などの公的機関から今すぐお金借りたい

公的機関から今すぐお金借りたい

国や市といった公的機関からお金を借りるというのは、中々イメージがわかない事かもしれませんが、実際にお金借りる事も可能なんです。

 

公的機関からお金を借りるという事で一番有名なのは総合支援資金貸付といった方法で、これは主に生活に困窮していたり、これから生活を立て直そうとするためのお金が足りない時に利用が出来るもので、単身の場合でしたら月15万円まで借りる事が出来ます。

 

もちろん条件もあり、貸付期間は最大1年間となっていますし、その間はハローワークに通うなどして就職活動を行っていないといけません。ですが、将来的にはちゃんと働きたいと考えているのでしたら、生活保護よりも困窮状況からは抜け出しやすいですので、その場合は総合支援資金貸付で借りるのが良いです。

 

ただし即日対応ではないので、今すぐお金借りたい人にとっては、便利ではないかもしれませんね。

 

労働金庫協会から今すぐお金借りたい

労働金庫協会から今すぐお金借りれる?

労働金庫協会は、略して労金ともいわれていて、1950年(昭和25年)に岡山県と兵庫県で設立された、働く人のための協同組織の金融機関です。カードローン、自動車ローン、住宅ローン、教育ローンなど、各種ローンを取り扱っているので、お金が必要になったら申し込むようにしてください。

 

お金借りるときは、申込みや書類作成等の手続きをしなければならないので、お近くの労金や近所の労働組合に相談するようにしましょう。インターネットや電話で相談を行ったり、手続きができることもあるので、 まずは問い合わせるようにしてください。労金では、働く人とその家族が安心して、快適に暮らすために役立つ融資制度を取扱っているので、自分に合ったローンを提案してもらうと良いでしょう。

 

こちらも即日対応ではありませんし、審査には時間がかかりますので、今すぐお金借りたい人には向いていないかも知れません。

 

生活サポート基金を利用して今すぐお金借りたい

生活サポート基金でお金借りたい

消費者金融で多額の借金を抱えてしまった、友人の連帯保証人になってしまったなど日々の生活にも困るような借金苦に陥り銀行などでももうお金が借りられないと悩んでいる人がいます。そんな人にお勧めしたいのが、生活サポート基金を利用するということです。

 

運営しているのは一般社団法人の生活サポート基金で、生活に困窮した人に融資をしてくれる他に、生活をどう再生していくかの相談まで受け付けてくれる点が魅力的な部分です。ただし無利子や無金利でお金を融資してくれるわけではないという点は、しっかり押さえておく必要がありますがお金をただ貸し出すだけの団体ではなく、どうやって借金を返済していくか・安定した生活をおくれるようになるのか相談出来るという点は大変意義深いものがあります。

 

他と同様に今すぐ借りたい人向けではありません。時間が沢山あるなら利用してみるのもありだと思います。

 

市役所でお金借りることはできる?

市役所でお金借りる

市役所でお金借りる事は可能かというと可能です。生活していくお金がなく困っている場合は、生活福祉資金制度というものがあるので、これを利用すれば市役所からお金を借りる事が出来ます。もう少し正確に言うと市役所ではなく市区町村福祉協議会という団体が窓口になります。

 

しかしこの制度は名前の通り福祉が目的なので利用できる人も高齢者世帯や障がい者世帯、そして消費者金融からもお金が借りられない低所得者世帯の人と限られています。その為金利も消費者金融業者に比べて低く抑えられていますが、これらはあくまで役所が管轄しているので、お金に困ったらまずは銀行のカードローンや消費者金融に相談して、それでも駄目だった時の最終手段として使うと良いです。

 

国の教育ローンでお金を借りたい

教育ローンでお金借りる

子供の進学に際する入学金や授業料、学校納付金、在学のためにかかる費用など多様な教育資金のニーズに対応し利用できるのが国の教育ローンです。進学準備にいざ貯金で賄おうとするものの中々現実は難しい事もしばしば。

 

そこで安心な国の教育ローンを利用する方がとても多いのが現状です。申し込みから審査まで10日前後で結果が出ます、教育一般貸付は子供一人当たり350万円まで借りることができ、世帯収入200万円以下の家庭やお子様3人以上の一部世帯への優遇制度もあります。返済期間は15年以内と長期返済が可能。金利も1.81%と低めの設定で安心です。子供の幅広い学びの為に国の教育ローンを正確に理解し利用することをお勧めします。

 

お金を借りたいけど親や兄弟など家族にお金借りるのはどう?

家族にお金借りる

親や兄弟、家族などにお金借りる方法は、他人に借りるよりも安易に思えますが、人にお金借りることには違いありません。そのため、注意しなくてはならない事もあります。どんなに仲のよい親、兄弟、家族でも礼に反した事をすれば腹も立ちますし、関係が悪化する可能性もなくはありません。そのため、どうしてお金が必要なのか、何故借りなくてはならないのか、借りたお金をどのように使用するのか、返済のめどはどのように立てているのかなどを包み隠さずしっかりと伝える事が礼儀です。

 

借用書などを書くのも良いでしょう。親や兄弟など家族の場合、利子が発生する事は少なく、また、取り立てる期限も無い事もあり、つい、甘えがちになってしまいますが、きちんと返すという義務を果たすためにしっかりと計画を立てる必要があります。そこまで説明してお金借りるのであれば、貸す方もでは頑張ってねと気持ちよく貸す事ができますので、努力を惜しまないことです。

 

友達や彼氏彼女のお金借りるなら要注意

彼氏彼女にお金借りる

友達や彼氏もしくは彼女からお金借りる場合、要注意しなければいけません。約束事で『義務・契約』ではないですから、最悪は渡したお金を返さない可能性があります。本当に中が良い関係ならきちんと借りた額か、それ以上のお金を返してくれます。しかし、友達になったばかりの相手がいくらか借りたがっている場合だと、元々、もらうつもりで要求する場合は否定出来ません。

 

そのような相手の口癖や様子はしつこいです。返す気がない人間のやり方は一方通行で「お金かして」になりますが、人からお金を借りる(友達や彼氏彼女)状況をつくる自体が信用がありません。いきなり会社が倒産したり、財布を無くした、事件関係で物入りなら仕方ありませんが、普通に暮らしている社会人がそんなアクションをする時点で、その者の生き様を疑うべきです。口も軽い様子があり、ペラペラとよく喋ります。責任感がなくお調子者ならまず信用はないでしょう。貸す場合は神経を使う必要はあります。